スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株のあれこれ言いたい  1/18

相場は戦争の最前線

たまには更新


こんな、相場だからこそ、更新してみようと思います


自分が27歳から株を始めて、もう11年ぐらいになりますが・・・
株仲間も相場をやってれば、それなりにできる訳で。。。

ただ毎回、下落相場で資金が減ったり、気持ちが萎えたりして、辞める方が多々いますので、今も継続して株をやってる仲間ってのは、その今まで出会った方々の1/10ぐらいしかいない
まさに、相場ってそんなところです


イメージとしては、最前線に送り込まれて、必死に戦ってる感じ
最初は新兵として送り込まれて、がむしゃらに戦うんだけど、やっぱり経験が少ないと無理をしてしまったり、イメージと違う展開についていけず、路頭に迷ったりすることが多い
最後は、状況の悪さを克服できずに、命をかけた捨て身の戦いで致命傷・・・
そうなると、資金も心も底をつき、戦線離脱し、帰国・・・
つまり、退場となる

実際、そんな例も少なくはなく、やはり相場は生き死にを賭け・・まではいかないけども
それに近い気もする

出来ればですが、負けが込んで、最後には大博打をして、や~めた
ってのは、これからの人生が他にあるとしても、かなり後味の悪いことになるので、自分も気をつけますので、皆さんもお気をつけてください

今はボラタイルな値動きになっています
売りでも買いでも、自分の逆に動いているものを放置たり、更にナンピンしたり
今はそのような、行動はとても危ないです

このような相場になると、明日、明後日で日経1000円リバウンドして、その翌日から再度1000円下げることもあり得ます
自分は基本的には中長期で売り目線(下げる方向)で考えていますが、売りで負けてるものがあったら、それはそれで損切りしています。
つまり、意識と行動は別に考えています
簡単に言えば、損切りのルールは絶対であり、予測や想定は別物なのです


この数年でも、暴落の最中、自分も大きく損をした銘柄もあり、致命傷に近い傷を負いました
やはり、傷が癒えるのには半年は要しました

その間、友人の不動産屋を手伝ったり、相場から離れる時間も作りました
資金が底をついたというより、自信が無くなったからです


今となれば、それも良い経験で、暴落相場で無理をしなくなったようにも思えます
特に、自分のような小資金の専業は、一発の損で命獲られますからね


自分自身も、注意しなければ。。。
と思って 今の時期なので書いてみました
それになにより、このブログを書く自分の最大のメリット
それは、言ったからにはやらんといかん!と思えるからです 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぽちっと押してみな
プロフィールだよ

けんいちうじ (KEN)

Author:けんいちうじ (KEN)
1977年生まれ 専業トレーダー
株歴は 2004-2006、2011-現在
2011年の12月頃から株を再開♪
2012年は年間でマイナスを喰らいました

☆資本は約2~300万円程です
☆デイ&3日以内でのスイング
☆月間目標100万円
☆毎月出金して資本が増えません
☆生粋の小資本トレーダーです

月間収支をUPします
2012年度40万ほどのマイナス
2013年度600万ほどのプラス
2014年度530万ほどのプラス
2015年度340万ほどのプラス

2014年1月 +85.2万円
2014年2月 ▲130.8万円
2014年3月 +43.2万円
2014年4月 ▲157.0万円
2014年5月 +70.5万円
2014年6月 +106.3万円
2014年7月 +131.0万円
2014年8月 +171.1万円
2014年9月 +9.0万円
2014年10月 +86.6万円
2014年11月 +23.6万円
2014年12月 +159.5万円
2015年1月 +226.1万円
2015年2月 ▲96.4万円
2015年3月 ▲53.5万円
2015年4月 +105.3万円
2015年5月 +17.7万円
2015年6月 +226.4万円
2015年7月 ▲81.0万円
2015年8月 +75.0万円
2015年9月 ▲126.2万円
2015年10月 ▲23.2万円
2015年11月 +25.9万円
2015年12月 +42.7万円
2016年1月 +11.4万円
2016年2月 ▲4.1万円
2016年3月 +147.3万円
2016年4月 ▲29.9万円
2016年5月 +64.1万円

アクセスランキングだよ
最新コメントだよ
カテゴリ
株の仲間たちだよ
エコなトレーダーだよ
 トレーダーズグリーンクラブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。